NEWS

MORE

PROFILE

地元浜松日体中学時代に部活動でクライミングを始める。以降日々練習に没頭し、中京大学卒業後に東京へ。都内のボルダリングジムに就職し、働くサラリーマンクライマーとして競技活動を続ける。2016年国内「第11回ボルダリングジャパンカップ」で初優勝。同年「IFSCクライミング・ワールドカップ(B) ナビムンバイ(インド)」で海外初優勝、翌月の「IFSCクライミング・ワールドカップ(B)ベイル(アメリカ)」で海外2勝目を飾る。以降、国内外の大会で輝かしい成績を残し、2019年「第32回リードジャパンカップ」優勝。2020年には東京オリンピックと同種目「第3回コンバインドジャパンカップ」優勝。

2021年、「今全てを出し切っているわけではない、残り少ない競技人生で後悔したくない」とサラリーマンを辞めプロ転向を決意。同年プロ転向後に迎えた国内初戦「第16回ボルダリングジャパンカップ」で見事優勝。2016年、2017年、2018年の同大会3連覇以来、前人未到の4勝目を挙げる。2021年9月に行われた「IFSCクライミング・世界選手権ボルダリング モスクワ(ロシア)」で悲願の世界選手権初優勝を飾る。国内通算6勝、海外通算12勝。(2023年8月時点)
日々のトレーニングから作られたしなやかながら強靭な肉体と、冷静さを武器にするオールラウンドプレーヤー。

RESULT

  • 2024.02

    (試合結果)ボルダージャパンカップ2024 26位

  • 2023.08

    (試合結果)8/1-8/12 IFSC – クライミング世界選手権 (B,L,S,B&L) – ベルン (スイス) 2023 ボルダー6位

  • 2023.06

    (試合結果)IFSC – クライミングワールドカップ (B,L) – インスブルック (オーストリア) 2023 15位

  • 2023.06

    (試合結果)IFSC – クライミングワールドカップ (B) – ブリクセン (イタリア) 2023 27位

  • 2023.06

    (試合結果)IFSC – クライミングワールドカップ (B) – プラハ (チェコ) 2023 17位

MORE
ページの先頭にもどる